人間ドックを受診すべき年齢

人間ドックを受診すべき年齢

人間ドックを受診できる年齢は成人(20歳以上)を対象としています。
これは検査項目が成人用として設定されているため、それ以下では正確な結果が出せない恐れがあるからです。
通常、会社から毎年受けるように言われるのは健康診断で人間ドックではありません。
法令で定期的な受診が義務づけられているのは健康診断だけです。
では、人間ドックが必要になるのはなぜでしょう。
ある程度高齢になると現状確認の健康診断では疾患の発見をするには不十分でもう少し予防、早期発見を目的とした検査が必要になります。
多くの健康保険組合では40歳で受診する際の補助を受けることができるようにます。
それまでの生活習慣により発生する糖尿病や高血圧、高脂血症などの割合もこの歳から高くなります。
検査項目が増えるため面倒と思うかもしれませんが、重大な疾患が発症してからではもっと大変なことにあります。
40歳を過ぎたら補助をつかって人間ドックに切り替えることをお勧めします。

人間ドックの受診をおすすめしたい人の特徴とは?

人間ドックが特におすすめしたい人の特徴は、肥満、ストレスに弱い、喫煙歴が長い、飲酒量が多い、などの人たちです。
肥満はあらゆる病気のリスクを高める原因になります。脳梗塞、心筋梗塞、狭心症、糖尿病、高血圧、など数え上げればきりがありません。
ストレスも同様で、過度にかかれば精神面だけではなく肉体面でも影響が出てきます。良性発作性頭位めまい症、メニエール症、睡眠時無呼吸症候群、胃痛、腸過敏性症候群、便秘、免疫力の低下、など様々な病気がストレスに関係していると言われています。ストレスに弱いと感じている人は、特に人間ドックで定期的に検査を受けておくことをおすすめします。
あとは、健康を損なう2大要因と言われている喫煙と過度な飲酒です。特に喫煙は体にとって害が大きいです。肺がんや心筋梗塞のリスクも非喫煙者に比べて高くなります。飲酒はほどほどであれば健康に良いとも考えられていますが、過剰に摂取すれば肝臓に負担がかかり肝臓の機能を低下、もしくは不全を引き起こしてしまいます。